横浜駅西口徒歩8分の麻雀サロン。神奈川県最大級の29卓!最新の設備で清潔な店内で健康まあじゃん。

見える部分と見えない部分

麻雀というゲームの要素で「見える部分と見えない部分」が存在します。

見える部分は「自分の手牌・全体の捨牌・副露(フーロ)した形・ドラ表示牌」

見えない部分は「相手の手牌・牌山(パイヤマ)」です。

見える部分を「参考」に見えない部分を「推測」する『推理的な側面』を兼ね備えております。

(そこが楽しい所のひとつになっております(*^_^*))

麻雀牌は全34種類136枚

配牌時で見えている牌は親の場合15枚(親の配牌14枚+ドラ表示牌1枚)約11%

見えない牌は121枚(約89%)

圧倒的に参考になる部分少ない状態からゲームを開始致します(>_<)

(局が進むにつれ見えている牌は増えますが・・・頭の回転を速くする必要があります)

思考力を鍛えるのにはいいかもしれません♡

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 見える部分と見えない部分

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://yokohama-silver.jp/mt-tb.cgi/73

コメントする

ロンちゃんコラム

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
一般社団法人 横浜青年会議所